百人一首×PIARI シリーズ

限定チェーン「矢車草」付き
9月23日(水)昼12時追加販売

百人一首×PIARI -series5-

2020年9月21日(月/祝)
昼12時受注開始

(数量限定・オンラインストアのみ取扱い)

こちらは受注製作の商品です。
【初回販売分】のお届けは12月上旬頃
【追加販売分】のお届けは12月下旬頃となります。


シリーズ第五弾となる、百人一首×PIARI
百人一首の歌からイメージして作られた京ガラスのぴありは、ご注文いただいてから、ガラス職人が丁寧に焼き上げるオーダースタイルでの販売です。

今までのガラスとはまた趣の違う、煌めきを抑え雪のような落ち着いた輝きを放つ6色の京ガラス。

ー歌の詳細ー

◆「奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき」
人里離れた奥山で、散り積もった紅葉を踏み分けながら牡鹿が雌鹿を求めて鳴いているのを聞くと、秋がとても悲しいものだと感じられる。

◆「恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか」
私が恋をしているという噂が、もう立ってしまった。誰にも知られないように、ひそかに思いはじめたばかりなのに。

◆「夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」
まだ夜が明けないうちに、鶏の鳴き真似をしてだまそうとしても、私と貴方の間にあるこの逢坂の関だけは決して通しはしませんよ。

◆「ながらへば またこの頃や しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき」
この先もっと長く生きていれば、今のつらいことも懐かしく思い出されるだろうか。昔の辛いと思っていたことが、今では懐かしく思い出されるのだから。

◆「村雨の 露もまだひぬ まきの葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮」
にわか雨が通り過ぎた後、まだその滴も乾いていない杉や檜の葉から、霧が立ちのぼっていく秋の夕暮れ時よ。

◆「玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする」
私の命よ、絶えるのならば絶えてしまえ。このまま長く生きていれば、恋に堪え忍ぶ心が弱ってしまいそうだから。

※弊社独自の解釈を掲載しています※



小ぶりでシンプルな一粒タイプのぴありは、どんなシーンでも合わせやすく、
お洋服のスタイルを問いません。



矢車草(やぐるまそう)をイメージしてデザインした愛らしくも上品な、限定チェーン「矢車草」付きのものも数量限定で登場。
※チェーンのデザインは、大ガラス・小ガラス共通です。



存在感ある輝きを放つ大ぶりな京ガラスは、お顔まわりをぱっと明るく華やかにしてくれます。



矢車草(やぐるまそう)をイメージしてデザインした愛らしくも上品な、限定チェーン「矢車草」付きのものも数量限定で登場。
※チェーンのデザインは、大ガラス・小ガラス共通です。



百人一首をテーマにした、限定パッケージでのお届けです。
和風でありながら、どこかモダンなパッケージは、ギフトにもおすすめです。


(パッケージ等の仕様は一部変更となる場合が御座います)


限られた職人だけで製作しているため、すべて数量限定となりますが、 この機会にぜひ、お楽しみいただければ幸いです。





5,000円位上で送料無料!  返品交換可能  メールマガジンご登録